バリアフリー・アミューズメント・シアター
Home 設立の趣意 次回公演 Blog Blog 問合せ
「ALL THAT'S HANK!」は、好評のうちに公演を終了いたしました。
無事公演を終える事が出来ましたのは、皆様方のお力添えの賜物と深謝致しております。
本当に有り難う御座いました!
アメリカ南部の片田舎で歌われていたヒルビリー(カントリーミュージックの蔑称)を
ポピュラーソングとして全米に広めたハンク・ウィリアムズ!
酔いどれハンク、女たらしハンクなどスキャンダルにまみれながらも神を称え聖なる歌を創り続け大ヒットさせたハンクの
引き裂かれた魂が、生誕90年没60年の今、第1部ドラマに、第2部カントリーライブに鮮やかに甦る!!
ハンク・ウィリアムズ生誕90年、没60年記念プロジェクト
笠井隆介
内山絢貴
門野恵子
松山 薫
海徳桃代
笠井 隆介
内山 絢貴
門野 恵子
松山  薫
海徳 桃代
清水梨沙
原 敏一 妙華 ことぶきつかさ 北川征一
清水 梨沙
原  敏一
妙華
ことぶきつかさ
北川 征一
作/原 彰、 演出/有近 勝
第二部
ザ・チャージ・バックス シャギー・マウンティン・ボーイズ
ザ・チャージ・バックス
高梨安弘とシャギー・マウンティン・ボーイズ
タンブル・ウィーズ 福原照晃アベカズノリ
タンブル・ウィーズ
福原照晃
アベカズノリ
構成/原 彰    
鑑賞料金

  終了しました。


チケット取扱い

  終了しました。
会場アクセス
会場 リバティホール 大阪市浪速区浪速西3-6-36
    ℡06-6561-5891
JR環状線「芦原橋駅」下車、南へ約600メートル
JR環状線・大和路線「今宮駅」下車、西へ約800メートル
南海汐見橋線「木津川駅」下車、東へ300メートル
リバティホール

ALL THAT'S HANK!<第一部>  カントリー一筋60年! 北川征一さんを迎えて
この世から生きたままでは出られない!
~ ハンクごっこ、引き裂かれた魂は!? ~

2013年はハンク・ウィリアムズの生誕90年・没60年・・・ハンクの有名な曲<ジャンバラヤ><偽りの心(ユア・ティーチング・ハート)><ヘイ・グッド・ルッキン>などはカントリー音楽としてだけでなく、ポピュラー音楽としても大ヒットし、カントリーファンもポピュラーファンも、いえ音楽好きでない方達も(若者は別として)一度は耳にしたことがあるはずです。

アメリカでハンクはヒルビリーのシェクスピアと絶賛されていますし、ミッチー・ミラーはハンクをアメリカのソングライターとして「草競馬」や「オールド・ブラック・ジョー」などの国民歌曲を創ったフォスターと並び立つと絶賛しているのです。
そんなハンクの企画が思い浮かび急遽調べてみると、今年はハンクが29歳の若さで亡くなってから丁度60年であり、又生誕90年なのです。物事が成るのは何事にも節目があり、2013年をハンクイヤーとすべく当企画を立案致しました。

そして、BATは芸能ジャンルの垣根を超える配役が大きな魅力の一つですが、このようなタイムリーな時期にカントリー一筋60年、かくも長きにわたり歌い続け、古希にして今尚精力的にライヴ活動をこなしているカントリー歌手の大ベテラン、北川征一さんをゲストに迎え、どのようなキャスティングでお芝居を創り上げるのか、今回の公演も大いに楽しみです!

BATは心のバリアフリーをテーマにした作品を創造し続けています。
ハンクの生涯は矛盾に満ち、彼の魂は引き裂かれていました。カントリーだけでなく、ポピュラーソングライターとしても輝かしい栄光を掴んだものの、酔いどれハンク、女たらしハンクの汚名がつきまとい、この二つの毀誉褒貶がせめぎ合い、彼を徹底的に苦しめました。
だから叶えられぬ恋を切々と歎き哀しげに歌うカントリーソングだけでなく、セイクレッド・ソングと呼ばれる素晴らしい聖なる歌をも創り出し歌い広めているのです。
今回のBAT作品では、そんなハンクの引き裂かれた魂をテーマに取り上げます。
そして、この作品はFantastics Comedyとジャンルを明記していますが、<Fantastics>という言葉には、<馬鹿馬鹿しい>という意味のスラングがあるのです。
という訳で、シリアスにメッセージを訴えるだけでなく、昨年とは打って変わった荒唐無稽な喜劇、ライトコメディの音楽劇を大いにお楽しみ頂きたいと思います。

<第二部>  カントリーDJスペシャリスト アベ・カズノリさんと共に
Special Event 「 THIS IS HANK'S SONG !」

第二部はラジオ関西のカントリー番組で18年喋り続けているカントリーDJの スペシャリスト、アベカズノリさんの軽妙な司会でハンクナンバーが、カントリーの 名曲が数々奏でられ、歌い上げられます!
 又、アベさんがハンクについてうんちくを傾けるトークコーナーも興味津々です!
出演バンドは、カントリーファンなら誰もが知っている高梨安弘さんのブルーグラス バンド<シャギー・マウンティン・ボーイズ>、第一部でお芝居初体験の北川征一さんと <タンブル・ウィーズ>、アベカズノリさんも所属していた<ザ・チャージ・バックス>が、 それぞれ趣向をこらしたライブを見せてくれます!
又、カントリー歌手の重鎮、福原照晃さんもゲスト出演して下さり、益々グレード アップし盛り上がること間違いなしです! カントリーファンは勿論、カントリーを聞いたことのない方達も、このライブでカントリーが お気に入りに! カントリーにぞっこん! となるに違い有りません! さあ、このチャンスを逃さず、エンジョイしょうぜ! イェーイ!! ※出演日をお確かめの上、ご来場ください。