最近は室内で犬を飼っている家庭も増えています。ただ気になるのは犬の抜け毛ではないでしょうか。

犬の毛が原因でアレルギーをひどくする可能性もありますから、そういったことを防ぐためには、アレルギーを引き起こす物質を最低限にすることが大切です。

そういった時におすすめなのが、空気洗浄機です。空気清浄機は各メーカーからさまざまな商品が展開されていますから、どれを選べばよいか悩む人も多いはずです。ただ最近はお手頃な価格で購入できるようになってきていますから、無理をして高い空気清浄機を買う必要はありません。

空気清浄機を選ぶ基準としては、性能や価格はもちろんですが、広さについてチェックをすることが大切です。愛犬と暮らす部屋に設置するものですから、事前に広さを覚えておくと安心です。

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機TCK70Rは、PM2.5などの微粒子と大きなほこりを見分けて反応する高感度なセンサーが搭載されています。そのため従来のものよりも素早く反応しますから、部屋をきれいにすることができます。

シャープのプラズマクラスター加湿空気清浄機KC-D50-Wは、浮遊カビ菌表面の細胞膜タンパク質を切断して分解・除去・除菌をしてくれますから、空気清浄機としてはもちろん、除菌することで部屋星の洗濯物のいやなにおいも防ぐことができますし、もちろん犬の毛もきれいに吸い取ってくれます。

プラズマクラスターは空気をきれいにするだけではなく、肌にツヤやハリを与える効果もありますから、1台で何役もしてくれますからおすすめです。
富士通ゼネラルの脱臭機プラズィオンHDS-302Cは気になるペットのにおいも急速脱臭で6分間で脱臭することができますし、PTCヒーターの力で染み着いたにおいも徹底的に脱臭してくれます。

もちろん犬の毛や花粉などアレルギー物質もキャッチしてくれますし、フィルターは水洗い可能なので清潔な状態を維持することも可能となっています。