犬には換毛期と言われる時期があり、これは犬の毛が抜けることで新しい毛が生え変わるという時期のことです。

一般的には気温の変化や季節の変わり目などによって毛が生え変わるということになりますが、とくにダブルコートの毛の種類の犬の種類の場合には春や秋などの季節のほかにも日頃から新しい毛が生え変わり、毛が生え変わったことでいままでの古くなった毛が抜け落ちるため、そのための対策というのが必要になってくるということになります。

すべての種類の犬が抜け毛になるということではありませんが、抜け毛になりやすい種類もいます。

このように古くなった犬の毛はふわふわとした性質ですが、これはそのまま放置をしておくとほこりとなりハウスダストとして空中に飛び散ることになります。

ハウスダストというのは目視では確認ができないほど小さなものでからだのなかに知らず知らずのうちに蓄積がされることでアレルギーが発症される原因となったり、皮膚の炎症などの症状が出る可能性があります。

まずは、このようなハウスダストにならないためには普段のからの対策としてブラッシングはこまめに行なうことが挙げられます。そのほかの対策としてはこまめに全身を洗うことも犬の抜け毛の対策としては良く犬専用のシャンプーなどを使用して体を洗うということもしておいた方が良いでしょう。

犬の場合も基本的には人間と同じで髪を洗ったり全身を洗って汚れなどを落とすように犬にもお手入れが大切です。犬の種類のなかには長毛種という毛の長い種類もあり、長毛種のペットを自宅で飼われている方は毛が伸びやすいという特徴もあることから、以前よりも毛が伸びてきたと感じたら短く毛を整えたりすることで抜け毛を防ぐことができます。

このようなことも基本的には人間と同じで髪の長い長髪の方の髪は抜け落ちやすいため、犬にとってもそろえたり整えたりするなどのお手入れをしておくことは抜け毛の対策になるものです。