酸素系漂白剤と一口に言いましてもタイプと種類がありまして、どんなものがおすすめになるかは使い方によって変わります。

塩素系漂白剤と異なり、色柄のものでも使用が可能であり、衣類に必要以上にダメージを与えないので使いやすいです。

さらに言えば、洗浄や除菌や消臭効果もありますので色んな場面で使える強みがあるでしょう。

まず種類として粉末タイプと液体タイプが存在します。
粉末タイプは、洗浄成分が粉末状になっていますから水に溶けた時にアルカリ性になり、洗浄力がとても強いです。

ですから汚れがひどい時にしっかりと洗いたい、消臭をしたいという方におすすめです。

液体タイプは、酸性になりますので洗浄力は比較的に弱いですけど使いやすい良さがあり、洗浄洗剤との相性が良いでしょう。

粉末タイプのなかでもおすすめになるのは界面活性剤や香料を使用していない無添加のものになります。

強力な洗浄力になりますので洗濯だけではなく、キッチンや掃除にも併用できる良さがあり、色落ちがしないのでとても使いやすいです。

気になる臭いの元にも効きますし、水で希釈して拭き掃除に使用することもできます。

添加物が一切入っていない種類も販売されていまして、肌が敏感な方やお子さん用のクリーニングも良いでしょう。

液体タイプでおすすめになるのが抗菌効果が備わっているものです。
洗濯した後も抗菌効果は長く続くので臭いも気にならなくなりますし、防臭効果により部屋干しをしても大丈夫で独特の臭いに悩まされません。

口コミや評判の良いものを使えば、一般的な使い方だけではなく家事全般に応用することが可能であり、液体タイプの酸素系漂白剤なら抗菌効果や防臭効果があるのか、粉末タイプなら無添加で使いやすいものかを調べて購入してみると良いかもしれません。
安全性が高く応用できるものがおすすめの種類となりますので、さまざまな種類やタイプの中から自分に合うものを選択してください。